ふきのね

日々の何かを書き殴る様な、そんな普通の何か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふと

ふらりと

スポンサーサイト
  1. 2011/10/05(水) 03:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

環と和

どもう(どうも?)、下らない人間です。いまのとこ
お久しぶりですね。心機一転、仕事に学業に新天地。変化の合った人も多いんじゃないでしょうか。


久々の更新なんですが、自分なりに結構大事でもあるようなないような事があったので

タイトルにもある環と和の事について
これは自分がかなり前から考えていたもので、自分の今後のネタとしては最も重要な部分の一つだったりします
まだ完全に纏まっているわけでもなく、纏まるようなものでもない。今後まだまだ熟考していっても、きっと終わらないものだと思ってます。
まぁありがちな設定だと思われるかもしれませんが、そこは今後見る機会があれば
深く書くかは分かりませんが、察してください。それも面白さの一つですよ(?)

本題として、最近話題になっているまどかマギカの事です
自分自身アニメをほぼ全くと言っていいほどみないのですが、ネットを利用する身ですから噂等はいたるところで聞きます。
やれきゅうべぇがどうのやれ最終回がどうの。アニメを見る事はないですが、やはりどういう形であれ人づてにここまで広まるものには興味が沸きます。結局見てないんですけども……
そこで気になったのが「円環の理」という言葉
これはもしかして自分の今までの考えが全部無意味になってしまうんじゃないかとか、今後のネタをどうしていこうかなんて妄想してたりします。
実際に見ていないので何とも言えないのですが、若干びびりながらも自分の妄想に耽ってたりします。脱線するかもしれない通常運転ですよ、えぇ。

こんな事を書くとまどかマギカのファンの方にそんなに浅いものじゃねぇよとか素人が何いってんのとか言われそうですが、それだけそれなりに自分には大事な事だったので。
今後のためにも皆さんに言っておこうと思いまして。どうせ誰も見てないですしね(




今日は知り合いの方とちょいとばかしお話をしてきました
そこで思ったのはつくづく自分は理想論者なんだなと。元々気付いてた事ですけど再認識しました
大人になれば見えてくるものもありますが、その分見えなくなるものもあります
自分の中で理想と夢という言葉はかなり近い所があります。もちろん全く違うものですが
大人になって夢を理想をと追いかけているのは馬鹿馬鹿しい。現実をみればそんな風潮がどことなく漂っているきもします(そう思う事が大人だとか格好いいとか思ってるのか知りませんが)
もちろんそれは大事な事だと思いますし、それこそ現実なんだろうなとも思います
ですが、夢を見るのをやめた人になれば何を糧に生きているのか
夢を見ずして「生きていくため」という人がいます。その人にとっては「生きていく」という事も立派な夢なんじゃないでしょうか。


散々書いてきましたが、もうちょっとだけ
夢を幻想を追いかけるのは大事です。しかし、現実を全く見ずに追いかけていればそれは両方見えていないのと何も変わりません。現実を生きる自分にとってはそれはもう魅力的なものです。ほら、環と和




人はいつからか夢を見なくなったのではなく、夢の見方を忘れてしまったのか
現実を生きていく中でいつしか夢を見る事を、幻想を見る事をわすれてしまった人にはどういう景色がみえているのでしょうか。まだまだ未熟な自分には当分わかりそうにありません

夢幻をみることは大切ですが、現実逃避は何も変わらないということです
理想論者の私は現実逃避なGWを過ごします。それでは皆さん良いGWを
  1. 2011/05/01(日) 01:43:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

探究

こんばんは。若しくはおはようございます。どもう、怠惰極まる人間です。


人生常に勉強

これは何というか、まぁ当たり前の事でしょう。
ただ、言い方が悪い。いや、悪くはないんですが、個人的には気に食わない。
『勉強』と聞くと、どうしても嫌なイメージが浮かんでしまうもんです。自分だけでしょうか?
この勉強という字には、強いる、という言葉が含まれています。
本当はもっと別の意味があるのでしょうが、自分の中での勉強のイメージはまさに強いられるようなそんなものです。
そこで勉強の事をもっと別の言い方にします。

例 「あー、今日も探究した」
  「早く好奇心に任せて好きなように学びなさい」

長いし意味不明です。しかも上は特定の人に怒られかねない、下は強制されてるような全く矛盾してますな。

勉強と捉えるから難しいのであって、自分から求めるようになればいいわけです。
どんな人でも必ず何かに興味を持ったということがあると思います。
そして、その興味も持った事に例えほんの少しであっても何か知ろうとします。ほら、簡単でしょ?
何かに興味が沸く、というのは何というか……探究心からくるものではないでしょうか。
真新しい食べ物に興味が沸くのはその味が気になるから
新作に興味が沸くのは内容が気になるから
普段は難しく考える機会もないですが、様々な行動は探究心からくるものだと思っています。
そして探究心に駆られて行動した時点で、学と何ら変わりないものになっているはずです。
ただ、食べ物を食べまくったから勉強が出来るようになるとか、ゲームをたくさんしたから学者になれるとか興味の向く対象を全く無視したようなそんな馬鹿げた話はないですよ。当たり前ですけど

この探究心をくすぐられる作品
そういう作品に、私は魅力を感じます。
といっても、推理小説だとか謎かけのゲームだとかそういう最初っから謎めいた雰囲気をもつものじゃないですよ?
製作者がそのひとつの作品を作っていく中で、手に取る側が気付くか気付かないかの微妙な境目の様な、製作者からの挑戦状の様な、その作品についてもっと知りたいと思わせるような、すごく曖昧なものです。
言葉ではうまく言い表せませんが、その曖昧で微妙な境目に人を惹き付ける何かが詰まっているんじゃないでしょうか。

もちろん、作品はそれだけで成り立っているもんじゃないです。
わかりやすいインパクトも必要でしょうし、もっと直感的に響くものも必要だと思ってます。
ただ、表面にこだわり過ぎて裏が疎かになっている作品は、やはり何処か物足りなさをかんじるものです。

人生常に探究

ただ機械の様に行動するのではなく、自らの意思で気づき、感じ、そして求める。
これが出来ればきっと色々なものが面白くなるはずです。いかんせん、今の世の中は表面がはっきり、というより完成されすぎていて何処か機械の様な雰囲気を受けることがあります。
まぁ、何処に魅力を感じようと何を求めようと全部人の勝手なわけですがね(笑)

言いたい事はたくさんありますが、大抵いつもうまく纏まりません。
下らないものですが、暇な方は
  1. 2011/03/10(木) 03:32:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦という名の

挑戦というものはとてつもなく怖いものです。当たり前ですが

しかし、人間恐怖やスリルが無ければ生きてはいけない。少なくとも自分はそうです。
安定しきった人生というのは、どうにも性に合わない(贅沢思考)

例えば、理想的な生活があるとします。
朝起きて好きなことをして、食事の時間も何も困ることなく、昼間は好きなことを、夜は家でテレビでも見ながら飯を食べ、風呂に入って床に就く。

理想的でしょう?好きなことの所に仕事なり勉強なり遊びなりをいれてみればきっと幸せです。
確かにこんな生活が送れるなら幸せな気もしますが、これがずっと続くとなるとまた話が違う。
自分の考える完全に安定した生活というのは、何不自由のないルーチンワークの様な生活の事です。
安定した収入にのんびりとした生活、あぁ良い感じ。

文章にするとすごく幸せそうな気もします。
しかし、これが現実となると自分としては耐えられないと思います。
完全な循環に入ってしまえば、刺激を感じることなく知らない間に老いて行くような、時間を無駄にしているような感覚にとらわれるのです。

好きなことに趣味をいれればそんなことはない、と考える人もいるでしょう。
そもそも、趣味とは挑戦なんだと
それが好きで自ずから積極的にやっていることは、挑戦と何ら変わりない
ただ、その趣味と言えるものさえルーチンワークの一種となってしまえば、それまでということです。
趣味のひと時ぐらい、日常から外れた非日常を見せてくれてもいいきもします

上に書いた、恐怖を持つ挑戦
これは人生においてとても大きい力を持っています。
人間が恐怖を感じるときは様々ですが、そのひとつに『変化』があります
自ら進んで変化を求め、何かに対して自ら働きかけた時挑戦は始まります。
ここで退いてしまえば何も変えられず、自分を貫ければ新たな道が見えるでしょう。

常に変化を求め続ければ、人生は刺激的である

当たり前ですけど、これを実行するのは相当難しい
変化だ変化だといって、自分の根底にあるものを完全に無視した変化は、変化というりは暴走に近いでしょう。

常に新しい自分を見出していくような、過去の自分を見直してみるような、矛盾しきったような事柄が案外面白い物をみせてくれたりするのです。

変化もなく、ただただ日々を過ごし、趣味さえも『日常』の一部になってしまえば、暇に殺されますよ?


こうしてブログを始めてみたのも、ある場所に自分の何かを書き込んでみたのも、全て自分にとっては恐怖を伴う挑戦です。今後がどうなるかはわかりませんが、自分の理想に近づけたらなぁ
  1. 2011/03/02(水) 01:11:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうも

初記事・初ブログ
分からないことだらけのスタートでこざいます。

全く意味の分からないようなことを自己満で書きなぐる様なそんな風になるのかな


なにはともあれまったく知識無しのスタートです。
どうかよろしくお願いします。
  1. 2011/03/01(火) 21:58:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ふき

Author:ふき
下らなくていいんです。日々妄想を重ね、妄想に耽ったネタを書く様なそんな日記

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。